1 小林研朝ゼミ 桑名分 第 - PowerPoint Presentation

1 小林研朝ゼミ 桑名分 第
1 小林研朝ゼミ 桑名分 第

Presentation on theme: "1 小林研朝ゼミ 桑名分 第"— Presentation transcript:

Slide1

1

小林研朝ゼミ

桑名分 第

12

回(

2018/06/01

流体現象の数値

シミュレーション

キャビティ

流れ

Slide2

2

当初の予定

次回以降の予定

6

5

日(火) 出張

6

15

日(金)出張

次回:

6

19

日(火)

Slide3

3

流体に興味がある人

→ふつうに聞いてください

流体

は興味ないけど、プログラミングに興味がある人

→言語やテーマは何でも、プログラムを動かしてみると

 いざプログラミングしよう と思ったとき楽だと思います。

 (ゼロから始めるのと、一から始めるのではだいぶ違う)

流体にもプログラミングにも興味がない人→できるだけ、実生活に馴染みのあるネタを紹介します。 面白いな、と思ったところだけ聞いてください。

モチベーション

Slide4

4

プログラミングでいう「

Hello world!

Cavity

:空洞、くぼみ、凹み

キャビティ流れ とは

くぼみ上部の流れに引きずられて

くぼみ内部にも流れができる

一断面

新幹線

車両

連結部の騒音の原因

空力騒音は速度

の約

6

乗に比例して

増大

Slide5

5

具体例に対して、プログラムを動かして可視化までやってみる

細かい

式の導出などは、後日。

C

言語のサンプルプログラムの紹介。

可視化ソフトウェア(無料)の紹介:

ParaView

今日やりたかったこと

具体例に対して、プログラムを動かして可視化までやってみる→手順の紹介のみ。C言語のサンプルプログラムの紹介。

→概要のみ。

使い慣れて

いる可視化ソフトウェア「

Clef3D

」の紹介

→研究室内・ゼミ等で使えるライセンスを持っています。

今日

やること

Slide6

6

手順1(こんな式を解きます)

 

 

 

連続の式

・・・

x

軸方向

運動量保存を表す式(

Navier

–Stokes

方程式)

・・・

y

軸方向

 

 

 

:密度

:粘性係数

:拡散係数

 

:時間

独立変数   従属変数      定数

 

:座標

1

 

:座標

2

 

x

軸方向の速度

 

y

軸方向の速度

 

:圧力

*色々な液体を同じ式で計算できる

Slide7

7

手順2(無次元化する場合が多い)

 

連続の式

・・・

x

軸方向

運動量保存を表す式(

Navier

–Stokes

方程式)

・・・

y

軸方向

 

:時間

独立変数   従属変数      定数

 

:座標

1

 

:座標

2

 

x

軸方向の速度

 

y

軸方向の速度

 

:圧力

*定数を一つにできる

 

 

 

:レイノルズ数

油:

Re

小さい

水:

Re

大きい

Slide8

8

手順3(時間発展の形に変形)

フラクショナル・ステップ法(他にもいろいろ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

T

ime evolution

時間発展

を計算する必要がある

前頁の形だと計算できない

 

 

間違えていました。

Slide9

9

手順4(差分化・差分近似)

微分を差分(加減乗除)で計算できるようにする

 

・・・前進差分

 

・・・後退差分

 

・・・中心差分

 

 

この項

を中心差分で近似した例

Slide10

10

手順5(格子作成、諸条件の設定)

どんな形の領域で、どんな条件で計算するか決める

ごく短い区間に区切って

、各地点において

ご近所の地点での値を使って計算する。

ごく短い時間に区切って

、各瞬間で計算する。

現在の値と、ご近所の地点での値を使って、

一瞬先の未来の値を計算する。

初期条件:

 計算を始める前の状態

境界条件:壁など

Slide11

11

手順6(計算結果の可視化)

膨大なデータを、人間が見やすい形に表示する

Slide12

12

プログラムのながれ

 

 

 

Fortran

C

に移植中

いい加減な

フォローチャート

朝ゼミ第

6

ラプラス

方程式

反復

解法

Initial condition

Time evolution

Boundary condition

Calculate u*, v*

A

Calculate RHS

B

Poisson Equation

C

Boundary

condition

for Pressure

err<EPS

Calculate new u, v

D

Yes

No

NMAX

回で終了

NPMAX

回で終了

(A)

(C)

(B)

(D)

 

間違えていました。

Slide13

13

プログラムのながれ

// boundary condition

for(

i

=0;i<=

MX;i

++){

U[

i][MY]=1.0; //Upper UT[i][MY]=1.0; V[

i

][MY]=0.0;

VT[

i

][MY]=0.0;

U[

i

][0] =0.0; //Lower

UT[

i

][0] =0.0;

V[

i][0] =0.0; VT[i][0] =0.0; } for(j=0;j<=MY;j

++){ U[MX][j]=0.0; //Right UT[MX][j]=0.0;

V[MX][j]=0.0; VT[MX][j]=0.0;

U[0][j] =0.0; //Left UT[0][j] =0.0; V[0][j] =0.0;

VT[0][j] =0.0; }

 

 

Slide14

14

プログラムのながれ

//

Calculate u*, v*

for(i=1;i

<=MX-1;i++){

for(j=1;j<=MY-1;j++){

UT[i][j]=

U[i][j]+DT*( -U[i][j]*(U[i+1][j]-U[i-1][j])/(2.0*DX) -V[i][j]*(U[i][j+1]-U[i][j-1])/(2.0*DY) +1.0/RE*( (U[i+1][j]-2.0*U[i][j]+U[i-1][j])/(DX*DX)

+(U[i][j+1]-2.0*U[i][j]+U[i][j-1])/(DY*DY)

)

);

VT[i][j]=

  略

}

}

 

Slide15

15

プログラムのながれ

//

Calculate the right hand side of Pressure

for(i=1;i

<=MX-1;i++){

for(j=1;j<=MY-1;j++){

RHS[i][j]=((UT[i+1][j

]-

2.0*UT[i][j]+UT[i-1][j])/(2.0

DX

*DX

)

+(VT[i][j+1]-

2.0*VT[i][j]+

VT[i][j-1

])/(

2.0

DY

*DY

))/DT;

}}

 

 

間違えていました。

Slide16

16

プログラムのながれ

 

//

boundary condition of Pressure

for(

i

=0;i

<=

MX;i

++){

P[

i

][MY]=P[

i

][MY-1]; //Upper

P[

i

][0] =P[

i

][1]; //Lower

}

for(j=0;j

<=

MY;j

++){

P

U

[MX

][j

]=

P

U

[MX-1

][j]; //Right

P

U

[0

][j] =PU[1][j]; //Left}// Calculate the right hand side of Pressurefor(i=1;i<=MX-1;i++){ for(j=1;j<=MY-1;j++){

RHS[i][j]=((UT[i+1][j]-

2.0*UT[i][j]+UT[i-1][j])/(

2.0 DX*DX)

+(VT[i][j+1]-2.0*VT[i][j]+VT[i][j-1])/(2.0 DY

*DY))/DT; }}

 

間違えていました。

Slide17

17

プログラムのながれ

for(np=0;np<=

NPMAX;np

++){

for(i=1;i

<=MX-1;i++){ for(j=1;j<=MY-1;j++){ PP=P[i][j]; P[i][j]=((P[i+1][j]+P[i-1][j])/(DX*DX) +(P[i][j+1]+P[i][j-1])/(DY*DY)

-RHS[i][j])/(2.0/(DX*DX)+2.0/(DY*DY));

err=err+fabs(PP-P[i][j]);

}

}

if(err<EPS

) break;

}

 

 

」の形に変形して反復

 

Slide18

18

プログラムのながれ

//

Calculate new velocity

for(

i

=1;i

<=MX-1;i++){

for(j=1;j<=MY-1;j++){

U[i][j]=UT[i][j]-DT*(P[i+1][j]-P[i-1][j])/(2.0*DX); V[

i

][j]=VT[

i

][j]-DT*(P[

i

][j+1]-P[

i

][j-1])/(2.0*DY);

}

}

 

Slide19

19

実行する

格子の情報が入ったファイルと

流れ場(

U, V, P

)の情報が入ったファイルができる。

可視化ソフトでそれぞれ読み込む。

Slide20

20

可視化

する

Slide21

21

可視化

する

Download Presentation

Download - The PPT/PDF document "1 小林研朝ゼミ 桑名分 第" is the property of its rightful owner. Permission is granted to download and print the materials on this web site for personal, non-commercial use only, and to display it on your personal computer provided you do not modify the materials and that you retain all copyright notices contained in the materials. By downloading content from our website, you accept the terms of this agreement.

View more...

If you wait a while, download link will show on top.Please download the presentation after loading the download link.

1 小林研朝ゼミ 桑名分 第 - Description

12 回 20180601 流体現象の数値 シミュレーション キャビティ 流れ 2 当初の予定 次回以降の予定 6 月 5 日火 出張 6 月 15 日金出張 ID: 802711 Download

Uploaded By: mjnt
Views: 0
Type: Public

Tags

condition calculate boundary rhs calculate condition rhs boundary err pressure stokes eps npmax upper left evolution hand navier side

Related Documents